シーンにこだわる

結婚式は、新郎と新婦が永遠の愛を誓い、夫婦の契りを結ぶ儀式です。
それと同時に、新郎と新婦がそれまでの人生でお世話になった方々に晴れ姿を披露し、これまでの感謝の気持ちを伝えるための場でもあります。
中でも、新郎新婦の両親は、二人のこれまでの成長を最も支えてきた存在です。両親にとって、自分たちの息子や娘が巣立っていくことは、少しの寂しさとそれ以上の喜びを感じるものです。

結婚式では、普段は恥ずかしくてなかなか言えない感謝の言葉を、両親に伝える絶好のチャンスです。新郎新婦が両親に宛てた手紙を読み上げるシーンは、結婚式の定番であり、最も涙を誘う感動シーンでもあります。
同時に、近年では、手紙だけでなくプレゼントを渡すカップルが多いようです。
プレゼントを渡すことによって、言葉だけでは伝えきれない感謝の気持ちをストレートに表現することができます。また、新郎新婦が両親にプレゼントを手渡す光景は、ゲストの方々にとって微笑ましく和やかな一幕となります。

新郎新婦が両親にプレゼントを渡す場面は、結婚式の終盤に持ってくることが多いようです。
昔ながらのプレゼントの定番に、花束があります。新郎新婦が両親に花束を手渡し、それを抱える親に寄り添いながら退場すると、感動的で暖かみがあるシーンとなります。
結婚式で用いられるプレゼントの種類に、ルールや決まりはありません。何を渡すかにこだわるより、どのように渡すかが重要だという考えもあります。プレゼントを渡す瞬間を想像して素敵なワンシーンになるように演出すると、良い思い出になることでしょう。

関連リンク

フォトウェディングならこちらで撮影しませんか、素敵な写真が撮れますよ|プラザハート
http://plazaheart-photo.com/

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし